MENU

VIRBAC SERVICE

ペットのお悩みQ&A

ペットの日頃気になることや
お悩みに役立つ記事をお届けします

猫の腎臓病とはどんな病気なの?食事方法や栄養管理について解説!

血液中の老廃物を尿として排出したり、体内の水分量や栄養素のバランスを調整したりする腎臓は、人間だけでなく猫にとっても重要な器官です。腎臓のはたらきが低下すると命に関わるので、「腎臓病」になりやすいといわれる猫は、特に注意しなければなりません。

ただ、注意するといっても何をどうすればいいのか、具体的に知っておきたいですよね。

この記事では、腎臓病という猫の病気の概要をはじめとして、腎臓病を発症してしまう原因や起こりうる症状・兆候について紹介していきます。また、腎臓病の予防対策として、食事方法や栄養管理のノウハウも紹介するので、愛猫の健康を守るためにもぜひご覧ください!

まとめると

猫の腎臓病ってどんな病気?原因や症状、予防対策について解説!

この記事では以下のことがわかります

  1. 猫の腎臓病とはどんな病気なの?
  2. 猫が腎臓病になってしまう原因
  3. 猫の腎臓病の症状
  4. 猫の腎臓病を予防するための対策

これらを踏まえながら、食事方法や栄養管理といった予防対策のノウハウについて紹介します。

猫の腎臓病とはどんな病気なの?

猫の腎臓病とはどんな病気なの?

猫の腎臓病とは、一般的に「慢性腎不全」のことを指します。

腎臓には、血液をろ過して老廃物を取り除き、尿として排出する「ネフロン」という組織があります。健康な猫には腎臓1つにつき約20万個のネフロンが存在しますが、ネフロンは再生されないので、一度壊れたら二度ともとには戻りません。

何らかの原因で一部のネフロンが壊れてしまった場合、残ったネフロンで補って腎臓機能を維持しようと働きます。しかし、この働きによって、残ったネフロンに大きな負担がかかってしまうため、さらにネフロンが壊れやすくなるのです。

このようにネフロンが少しずつ減少していくと、腎臓機能も徐々に低下してしまい、結果として慢性腎不全を発症します。慢性腎不全が判明する段階は猫によって異なりますが、腎臓機能の70~75%を喪失すると深刻な症状が現れるといわれています。
もちろん、これより早い段階で症状が現れる可能性もあるため、注意が必要です。

愛猫に慢性腎不全の疑いがあるかどうかは、尿検査や血液検査で調べることができます。特に愛猫が7歳以上の高齢である場合は、少なくとも年一回は検査を受けて、腎臓病の兆候が出ていないか早めにチェックしましょう!

猫が腎臓病になってしまう原因とは?

猫は腎臓病(慢性腎不全)になりやすい動物ですが、実はその詳しい原因は解明されていません。ただし、腎臓病のリスクを高める要因として挙げられているものはあります。

愛猫の腎臓病を防ぐためにも、以下で紹介する内容をきちんと押さえておきましょう!

加齢

猫も他の動物と同じく、年齢を重ねるとさまざまな病気にかかるので、腎臓病の原因としても一番可能性が高いと考えられています。実際、15歳以上の猫のうち3~5割、3頭に1頭が腎臓病を患っているといわれるため、飼い主さんから見ても納得できる原因ではないでしょうか。

腎臓は一度ダメージを受けると、回復させるのが難しい器官です。腎臓機能は7歳頃から低下しやすい傾向にあるので、もし愛猫がその年齢に達しているなら、ぜひ検査を受けてみてくださいね!

食事

猫の食事内容によっても、腎臓病の発症リスクが高まるといわれています。加齢によって腎臓の機能が低下してくるシニアの猫では、リンやナトリウム、タンパク質といった栄養素の量に気を付けて、腎臓に負担がかかりにくい食事を選ぶことが大切です。

また、塩分量が多い食べ物を与えると血圧上昇によって腎臓にも負担がかかり、結果として腎臓病を引き起こすといわれています。人間の食べ物は総じて塩分量が多いので、愛猫が誤って食べないように注意しましょう!

体質

先述のとおり、猫の腎臓1つにつき約20万個のネフロンが存在しますが、人間の200万個、犬の40万個と比べると少ない数だといえます。ネフロンは一度壊れたら二度と再生されないので、ネフロンを減らさないことが腎臓を守ることにつながります。

また、猫の祖先とされる動物はもともと砂漠で生活していたため、猫は尿を濃縮して排泄することで、少ない水分でも活動できる体質になっています。この体質により腎臓に負担がかかりやすいという説も提唱されていますが、あくまで推論に過ぎないため、知識として覚えておきましょう◎

急性腎不全の可能性も考えよう

猫の腎臓病の多くは慢性腎不全ですが、腎臓機能が急激に低下する「急性腎不全」を発症することもあります。急性腎不全を発症する原因については、以下のようなものが考えられます。

  1. 外傷による大量出血や腎臓損傷
  2. 細菌感染による腎盂腎炎
  3. 毒物摂取による腎臓障害
  4. 腫瘍や結石による尿路閉塞
  5. ショックや脱水、心疾患などによる腎臓の虚血
  6. 免疫介在性疾患による糸球体腎炎

急性腎不全は命を落としかねない危険な病気なので、後述する症状や兆候が出ているときは早急に動物病院へ行きましょう!

猫の腎臓病の症状

猫の腎臓病の症状

猫が腎臓病になっている場合、以下のような症状や兆候が出てきます。

慢性腎不全

  1. 食欲が落ちている
  2. 水を飲む量や回数が増えている
  3. 薄い色の尿をすることが多い
  4. 嘔吐をすることが多い
  5. 便秘気味になっている
  6. 体重が減っている
  7. 毛艶が悪くなっている
  8. 動きが鈍く、じっとしていることが多い

急性腎不全

  1. いきなりぐったりする
  2. いきなり嘔吐する
  3. 呼吸が荒い
  4. 排尿しない
  5. 意識が低下している

上記はあくまで一例ですが、もし心当たりがあれば早めにかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。特に急性腎不全は、たった数時間で急激に悪化する可能性もあるため、すぐにでも治療が必要です!

腎臓病の予防には食事や栄養管理が大切!

腎臓病の予防には食事や栄養管理が大切!

愛猫の腎臓病を予防するためには、日頃から食事や栄養に気を配ることが大切です。
そこで、食事方法や栄養管理に関するノウハウについて紹介していきます!

食事で少しでも腎臓に負担をかけないようにする

腎臓病の療養食を選ぶにあたって、腎臓に負担をかけないようにするために「たんぱく質制限」を重視されている方が多いようです。しかし、高齢の猫は若い猫よりもエネルギー量が必要なので、むやみにたんぱく質を制限すると逆効果になりかねません。

ですから、たんぱく質をただ制限するのではなく必要な栄養素がしっかり摂れる「良質なたんぱく質」を摂取することが大切です。たんぱく質の品質や食事そのものの材料の品質を考えて、カラダに良いご飯を選んであげることが一番の予防対策となるでしょう!

腎臓の特別なケアのためのフードはこちら

また、腎臓への負担を軽くするためには、日頃から水分をたくさん取ることも有効です。缶詰やレトルトパウチなどのウェットフードを与えると、ドライフードより水分摂取量が増えるので、ご飯をそちらに変えてみてもよいでしょう。

ただし、健康なうちから食事での予防を考えるなら、高たんぱく質のドライフードもおすすめです。日常的に飲水量を増やせるので、水分を多く摂取させることができますよ♪

高タンパクで毎日の健康をサポートするフードはこちら

腎臓病の猫にとって栄養管理は大事

栄養バランスのとれた食生活を送っていても、腎臓病になる可能性はありますが、発症リスクを抑えることはできます。また、健康的な生活を送ることを踏まえても、やはり栄養バランスの管理は大切です。

もし、愛猫が腎臓病を抱えているなら、確かな栄養知識に基づいてバランスの良い食事を与えることを心がけましょう。栄養管理を徹底すれば、愛猫の健康度はもちろん、生活の質を高めることもできますよ♪

まとめ

猫は腎臓病(慢性腎不全)になりやすい動物ですが、今のところ明確な原因はわかっていません。しかし、腎臓病を引き起こすであろう要因はいくつかあるため、それらを参考に食生活の改善や栄養管理に取り組めば、腎臓病を発症する可能性は減るはずです。

また、愛猫が腎臓病になっている場合は何らかの症状や兆候が現われるので、それを見逃さないことも重要です。日頃から愛猫の様子を小まめにチェックして、異常を感じたら早めにかかりつけの動物病院で受診しましょう!

主な症状・お悩み
  1. 猫が吐く
  2. 猫が食べない
  3. 猫の腎臓病

関連商品

商品ページに移動しますか?