MENU

VETERINARY HPM 猫用 腎臓&リン制限 1kg – 単品または3袋お得セット

  1. 通常購入
    3,460 円(税別)

    税込単価:00

    在庫
    あり
    数量
    6,000円(税別)以上のお買い物で送料無料となります。
    16時までの注文で翌営業日発送
  2. 定期購入 初回10%OFF
    3,460 000 円(税別)

    税込単価:00

    在庫
    あり
    数量
    配送頻度
    定期購入に関するよくある質問はこちら

    ■初回発送は10%オフ
    ■2回目以降は、お申込み金額6000円(税別)以上で10%オフ6000円(税別)未満で5%オフとなります。
    6,000円(税別)以上のお買い物で送料無料となります(沖縄と離島を除く)。

0

購入レビューを見る
※レビュー投稿は購入商品に限ります。レビューは「マイページ」から投稿が可能です。
3袋お得セットをご購入のお客様は「3袋お得セット」を選択してからカートに入れてください

単品を選択したまま3袋購入しても割引は適応されません



商品説明

リンの含有量を抑え、慢性腎臓病時の腎機能に配慮

HPM腎臓&リン制限は、リンの含有量を調整することで慢性腎臓病時の腎臓機能の負担を減らすようにした、猫用の食事療法食です。
腎臓病では、腎臓の機能が低下しているため体の中の余分なミネラルなどの老廃物を尿の中にきちんと出せなくなり、腎臓にさらに負担がかかってしまいます。
一度悪くなってしまった腎臓のはたらきは元に戻らないので、残された腎臓のはたらきを守っていく必要があります。そのため、HPMの慢性腎臓病用の療法食では、特に腎臓に負担をかけることがわかっている「リン」というミネラルの量を抑えることで、毎日の食事で腎臓のはたらきを守ることができるように作られています。
一般的に「総合栄養食」でも高齢のネコちゃんに向けてリンの量を調整しているものがありますが、食事療法食では慢性腎臓病の治療をサポートするため、さらにリンの含有量を抑えた栄養バランスになっています。獣医師の指示に従って与える特別なフードです。

食欲の低下に配慮した美味しさ

HPM腎臓&リン制限は、慢性腎臓病時の食欲の低下に配慮したおいしさになっているので、食べ続けてもらいやすい猫用食事療法食です。
慢性腎臓病では、食欲が低下しがちです。必要な栄養が十分にとれないことで衰弱が進んでしまい、さらに腎臓に負担をかけるという悪循環が起きてしまいます。
愛犬に栄養をとってほしいのに、食べる量が減ってしまうととても心配ですよね。HPM腎臓&リン制限では、主なタンパク質源に豚や家禽のお肉を使っているので、ネコちゃんが大好きな味に作られています。
腎臓病の治療では毎日の食事による栄養サポートがとても大切です。
HPM腎臓&リン制限は、少しでも食べてほしいという飼い主さんのお悩みに応える慢性腎臓病用のフードです。

適切なタンパク質量で健康な筋量を守る

HPM腎臓&リン制限は、慢性腎臓病時の腎臓のはたらきを守りながら、しっかり栄養がとれるタンパク質量を確保した猫用食事療法食です。適切なタンパク質量をとれることで、健康な筋量の維持をサポートすることができます。
慢性腎臓病時の食事では、リンの量の調整の他に、タンパク質の量の調整も必要になります。
多すぎるタンパク質も、腎臓で老廃物を処理するときの負担になってしまうためです。
しかし、本来肉食動物の猫はエネルギー補給のためにタンパク質を多く必要とします。慢性腎臓病で筋量が減少して衰弱が進んでしまうと、さらに腎臓に負担がかかってしまいます。

HPM腎臓&リン制限では、慢性腎臓病時の腎臓のはたらきに配慮しながら、必要な量はしっかりと補給できるタンパク質量を実現しています。
また豚や家禽のお肉をメインに使用しているので、良質な動物性タンパク質をとることができ、健康な筋量維持のサポートにもつながります。

HPM腎臓&リン制限はこんなネコちゃんにおすすめです

HPM腎臓&リン制限は、食いつきが悪くなった、食欲が減ってしまった、フードに飽きやすいといったお悩みを持つ慢性腎臓病のネコちゃんにおすすめの食事療法食です。
愛猫の慢性腎臓病の栄養管理で、こんなお悩みはありませんか?

・現在慢性腎臓病用のフードを与えているが、最近食いつきが悪い
・食べる量が減ったので、筋肉が落ちて痩せてしまっている
・ひとつのフードに飽きやすいので、違う味の療法食も与えたい

HPM腎臓&リン制限は、食いつきが良い嗜好性と必要なタンパク量を補給できる栄養バランスで、これらのお悩みに応えるフードです。
慢性腎臓病用のフード選びに迷われている飼い主様におすすめの食事療法食です。

関連商品

商品詳細

VETERINARY HPM 腎臓&リン制限は、慢性腎臓病による腎機能のサポートが必要な猫のためにリンの含有量を調整した食事療法食です。

●推奨される給与対象

慢性腎臓病が認められる猫

●その他の給与例

慢性肝機能障害が認められる猫

●給与を避けるべき対象

成長期の猫
妊娠中、もしくは泌乳中の猫
銅蓄積性の肝機能障害が認められる猫

●お薬以外にできることがあります。

HPM猫用腎臓&リン制限は、慢性腎臓病のネコちゃんの腎臓の健康ケアに適した栄養バランスの療法食です。
タンパク源にはお肉をしっかり使用し、食欲と筋力が衰えがちな慢性腎臓病のネコちゃんの嗜好性に配慮しながら、健康的な体型を守ります。
HPMは、”続けられる療法食”。ネコちゃんの健康と食べる喜びをサポートします。

●食べる喜びをずっと。

健康を守るのに必要なのは、お薬だけではありません。
病気のケアのための、特別な栄養バランスのフード「食事療法食」による栄養サポートも、とても大切です。
HPMのおいしい食事療法食なら日々の食べる喜びも保つことができます。

●この商品のメリット

1:リンの含有量を抑え、慢性腎臓病時の腎臓に負担をかけにくくしています。
2:腎機能に配慮しながら、健康な筋肉量を守る適切なタンパク質含有量に調整しています。
3:高エネルギー*(*HPM猫用アダルトニュータードと比較して+21%)で、体重が減少しがちな腎臓病時の栄養摂取をサポートします。
4:ネコちゃんが大好きな豚や鶏等のお肉を使用し、食欲の衰えがちな慢性腎臓病のネコちゃんの嗜好性に配慮しています。

●使用ケース

◆慢性腎臓病の猫の毎日の食事に
慢性腎臓病では、腎機能の低下によってリンやタンパク質の代謝物などの老廃物を体の外に出しにくくなっています。そのため、毎日の食事では腎臓に負担をかけにくい栄養バランスのフードが必要になります。
HPM腎臓&リン制限はフード中のリンの含有量を抑えながら、タンパク質を健康な腎臓と筋肉量の維持に必要な量に適切に調整することで、慢性腎臓病時の腎機能の健康をサポートします。
主なタンパク源には豚や鶏等のお肉を使用しており、食欲の衰えがちな腎臓病のネコちゃんも嬉しい、美味しい療法食です。

◆愛猫が他の慢性腎臓病用の療法食を食べなくなってしまったお悩みのある飼い主様にもおすすめです。

原材料

肉類(豚および家禽)、米、動物性油脂、えんどう豆、ポテトスターチ、ポテトプロテイン、加水分解肉類(豚および家禽)、ビートパルプ、リグノセルロース、魚油、リンシード、ビール酵母(β-グルカン)、フラクトオリゴ糖、ベントナイト、キトサン(加水分解甲殻類)、コンドロイチン硫酸、乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス菌)、ミネラルソルト(炭酸カルシウム、塩化カリウム、硫酸カルシウム、塩化ナトリウム)、ビタミン類およびアミノ酸類(A、E、D3、K3、B1、B2、B3、B5、B6、B8、B9、B12、塩化コリン、タウリン、L-カルニチン)、酸化防止剤(没食子酸プロピル、トコフェロール、ローズマリー抽出液&パルミチン酸アスコルビル)、ミネラル類(Zn、Cu、I))

特長的な成分

ベントナイト 5g/kg
乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス菌)7mg/kg
キトサン 800mg/kg
炭酸カルシウム 1.0%
L-カルニチン 540mg/kg

成分分析値

代謝エネルギー(in vivo)…414kcal/100g
タンパク質:30.0%以上(うち動物由来分68.0%)
脂質:21.0%以上
粗繊維:4.0%以下
食物繊維:7.5%
炭水化物(NFE):33.0%
デンプン:26.0%
灰分:6.5%以下
水分:5.5%以下
カルシウム:0.9%
リン:0.45%
ナトリウム:0.4%
必須脂肪酸(ω6):3.5%
必須脂肪酸(ω3):1.1%

注意

*天然由来原料を使用しているため、粒の色・大きさ等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありません。

与え方

新鮮な水と一緒に、下記の1日の給与量の目安表を参考にフードを与えてください。
HPM腎臓&リン制限は、リンの含有量を調整することで慢性腎臓病時の腎臓機能の負担を減らすようにした、猫用の食事療法食です。

レビュー

総合評価:0

※個人の感想であり、効能・効果を保証するものではありません。

(00)

まだレビューはありません。

食事療法食ご購入について

食事療法食は、
獣医師の診断・指示のもとに与える
特別なペットフードです

HPM 療法食シリーズを買うには?

HPM 療法食シリーズは以下の二通りの方法で購入することができます。

1:提携病院で購入する
2:病院でもらえる「ユニークコード」をマイページ/会員情報に登録し、オンラインで購入する

ビルバックサービスの提携病院は下にある「病院を探す」から検索することができます。
top
カート