MENU

VIRBAC SERVICE

ペットのお悩みQ&A

ペットの日頃気になることや
お悩みに役立つ記事をお届けします

【忙しい人必見】犬のストレス発散方法紹介!ストレス度合いを確認し最適な方法を

愛犬がストレスを感じているかも、と思うことはありませんか?

 

「ひとりで留守番する時間が長くて…寂しくないかな。」
「最近、お散歩の時間が十分にとれなくて…」
「愛犬が家で吠えることが多くなったけど…もしかしてストレス?」

 

犬も人間と同様、ストレスを感じる生き物ですが、ストレスを受けてもそれを飼い主に伝えることはできません。だからこそ、飼い主は愛犬のストレスを読み取り、その解消に努めなくてはなりません。

では、愛犬のストレスを発散するためには何をしてあげたらよいのでしょうか?本記事では犬がストレスを感じていることを示すサインを段階別に挙げつつ、有効なストレス発散方法について紹介していきます。

まずは愛犬のストレス度合いを確認

まずは愛犬のストレス度合いを確認

まずはあなたの愛犬がどの程度ストレスを感じているか確認してみましょう。

犬はストレスを感じると特定のサインを発するようになりますが、ストレスの度合いによって出すサインは変わってきます。逆にいえば、犬の行動を日頃からよく観察することで、どの程度のストレスを抱えているのかがある程度推測できるのです!

ここでは愛犬のストレスの度合いを3段階に分け、それぞれの場合に現れやすいストレスサインについて紹介していきます。

軽度の犬のストレスサイン

具体的なサイン

  1. あくびをする
  2. 耳が寝る
  3. 目をそらす
  4. 体をかく
  5. 舌なめずりをする
  6. 足を舐める
  7. 床のニオイをかぐ
  8. しっぽが下がる

これらの行動は普段から犬に見られる行動のため、あなたの愛犬が上記の行動をとっていたとしてもすぐに心配する必要はありません!

ポイントは「行動の頻度」です。例えば、いつも以上に愛犬が体をかいている様子がみられたのであれば軽度のストレスを感じている可能性があります。

人でも犬でも全くストレスのない生活というものはまずあり得ません。犬の場合なら軽い空腹感や散歩で初めての場所を訪れた際の警戒心、あるいは聞き慣れない物音が聞こえてきたときの不安感などがストレスの要因となります。

しかし、たとえ軽度のストレスでもそれが積み重なっていけば、犬の心に大きなダメージを与えることにつながります。軽度のストレスサインの頻度については注意深くチェックしておきましょう。

中度の犬のストレスサイン

具体的なサイン

  1. うなる
  2. 吠える
  3. 噛みつく
  4. 震える
  5. 呼吸が早い
  6. 逃げる

ストレスが日常レベルを超えると、ストレスサインも激しさを増してきます。この場合、それをそのままにしておくと、問題行動(無駄吠えやものの破壊のような、人との生活に支障をきたす行動)につながりやすいので注意が必要です。

問題行動が起こってしまうと、原因や解決方法が分からなかったり、なかなか改善しなかったりする場合も少なくありません。そのときは早めにかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

重度の犬のストレスサイン

具体的なサイン

  1. 軽度及び中度のストレスサインを繰り返す
  2. 自分の尻尾を追いかけ回し、激しく噛む
  3. 皮膚炎を起こすほど体を舐め続ける
  4. 食欲不振
  5. 下痢
  6. 嘔吐
  7. 激しい脱毛

ストレスサインが重度と呼ばれるレベルの場合、犬は極めて激しいストレスにさらされています。そうなると、問題行動をおこすだけでなく、健康を大きく損なうことにもなりかねません。状況によっては重病になってしまうことすらあります。

重度のストレスサインが見られた場合は、一刻も早くかかりつけの病院で診てもらう必要があります。

※以上の症状はあくまでも一例であり、他にもさまざまなサインが考えられます

犬のストレス発散方法を紹介

犬のストレス発散方法を紹介

犬にとってストレスは苦痛なもの。軽度のストレスでも蓄積されていくと問題行動や病気につながってしまいます。しかし、早い段階でストレスを解消させてあげることができれば、そういった事態の回避は十分に可能ですよ。

ここでは犬のストレス発散に有効な方法をご紹介していきます。

脱運動不足!散歩を増やす

ストレスの原因は苦痛や恐怖から生じるものばかりではありません。たとえば、犬にとっては運動不足も立派なストレスです。

「小型犬だから散歩は少なくて大丈夫」と思っていたらそれは大きな間違いです!毎日しっかり散歩に連れていきましょう。そうすることで、他のことでストレスを抱えていたとしても運動である程度解消できる可能性があります。

散歩量の目安

  1. 小型犬の場合は1回15~30分程度で1日1~2回
  2. 中型犬は1回30〜45分程度で1日1〜2回
  3. 大型犬なら1時間程度の散歩を1日2回

上記は散歩の目安です。犬がストレスを抱えていると感じた場合は散歩の回数や時間を増やしてみましょう。

臭い・騒音・室温は大丈夫?飼育環境を整える

今犬にとってより落ち着ける環境を用意してあげましょう。

人間にとって快適な空間が、必ずしも犬にとってもそうであるとは限りません。例えば、臭覚に優れた犬には芳香剤の臭いがきつすぎる場合があります。また、騒音に対しても犬は人間よりも敏感です。

特に、老犬の場合は体力が衰え、体温調節が若いときほど効かなくなっているので室温にはより一層気を付ける必要があります。

今の飼育環境で、犬にストレスを与えている要因がないかどうか、一度確認してみましょう。

犬がひとりになれるスペースを確保する

犬は人懐っこい生き物ですが、それでも疲れてひとりになりたいときはあるものです。そんなときでも常に近くに人がいたのではストレスが溜まってしまいます。

そのため、家の中に犬がひとりで安らげる場所を確保してあげることも大切です。

犬は狭い隅っこのスペースを好みます。犬の体格にあったケージやサークル、もしくはお気に入りのクッションなどを部屋の隅に設置してあげましょう。

積極的にスキンシップを図る

犬はもともと群れで生活する習性があるので、スキンシップを好む傾向があります。そのため、飼い主に無視され続けていると、孤独感を深めて大きなストレスになってしまいます。

犬に孤独感を与えないよう、日頃から積極的に声を掛けたり、体を撫でてあげたりすることが大切です。たとえ仕事で疲れていたとしても、犬と一緒にいるときはなるべくスキンシップを図るように心掛けましょう。

忙しいあなたにおすすめしたい…犬のストレス軽減おやつ「ベジデントゼン」

愛犬の日々のストレス発散に、散歩とスキンシップはとても有効です。しかし、毎日となるとハードルが高いと思われた人も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい飼い主さんにおすすめしたいのが、犬のストレス軽減おやつ「ベジデントゼン」です。

ベジデント・ゼンのパッケージ

【魅力1】ストレス3割減!噛んで楽しくストレス解消

【魅力1】ストレス3割減!噛んで楽しくストレス解消

ベジデントゼンは噛んでストレスを軽減させる「ストレス軽減おやつ」です。

犬は噛むことが大好き!犬は何かを噛み続けることがストレス軽減につながります。実際に犬にベジデントゼンを与えてみると、与えない犬と比べてストレススコアが30%減少し、噛むことでのストレス軽減効果が認められました。

ストレススコア表

与え方はとっても簡単。毎日のおやつとして1本ベジデントゼンを与えるだけでOK。噛んでストレス軽減をすることができます。

【魅力2】平均約4分!おいしいから長く噛んでストレス軽減効果UP

【魅力2】平均約4分!おいしいから長く噛んでストレス軽減効果UP

噛むことが大好きなわんちゃん。噛み続ける時間が長いほど、満足感がアップします。

ベジデントゼンを与えた犬は平均で約4分、噛み続けた結果がでています。美味しいからこそ長く噛めて、長く噛むことでストレス軽減効果がアップします。

【魅力3】緑茶含有アミノ酸(L-テアニン)配合

【魅力3】緑茶含有アミノ酸(L-テアニン)配合

ベジデントゼンには緑茶含有アミノ酸「L-テアニン」を配合しています。

「L-テアニン」は緑茶に含まれている成分です。我々人間も緑茶を飲むとホッと落ち着つきますよね。

犬だけで留守番する時間が長くなると、それもストレスにつながってしまいます。留守番が長く心配な飼い主さんにもベジデントゼンはおすすめです。

 

\忙しいあなたにおすすめ/

 

愛犬の幸せのために!犬のストレスについて理解しておこう

犬はストレスを感じていても、それを言葉で説明することはできません。したがって、飼い主がストレスのサインを読み取れるようになる必要があります。

また、ストレス解消法に関してもいろいろな手段がありますが、犬の様子を見て最適なものを選んであげる、そして何より飼い主さんの負担になりすぎない方法をとることが大切です。まずは犬のストレスについて学び、愛犬と楽しい時間を過ごせるようにしていきましょう!

主な症状・お悩み
  1. 犬が食べない
  2. 犬のストレス
  3. 犬の下痢

関連商品

商品ページに移動しますか?